2013年03月27日

第十色 財富む山7

やすおの山という。
たぁうるふぶ、という。
たっつておを、ちょ、という。
ちょっす山という。ちょ山という。
ちょらるとめ、という。

とむらる山という。とっくすっと、という。
たうるけ、という。
たぁゆるさまふる、という。
たぁゆむうらゆ、そもよも、という。

そっくす、たっす、せって、ろるゆる、すす、という。
すぅゆる山のお書きという。

すたるをすむ山という。すくるすぅふくさわ書(しょ)という。
書の山をとるさくねという。これをさわ、という。

さくさわよ、という。さったさま山をめってよ山という。
めったるそくゆくそみや、という。
やるすぅの絵という。
やるやるすの家(や)という。

山をめでるひとという。
山をここ、という。

ここの人という。
ここ山というひわの家(や)という。
住む人である意という。

住む人をここという。
ここの家(や)という。
ここのよとう、という。
尊い歌という、この書きである。

おじいさんの歌という。
花の山のお歌という。
花お山という。花山ともいう。
花の山のお歌という。

お山様山すす、という。
すす山すぅよぅ、という。
すすたる山世の人という。

じたるさわ、という。
さわくしょっと、という。
さわれる山のお書きという。

花のお江戸のおこ山節という。
花山音頭という。

でっか山のお歌という。
でっか書の音という。

でっかねふら、という。
でっすやら、ふくる山という。
でっしょさまのお絵という。

でっとしょっく、ともいう。
でっか書きという。
でっか書という。これを
でったや、という。
でたやの山という。

でたでた山のお月という。
山々の歌という。

 
posted by 若軍 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64091405

この記事へのトラックバック