2012年03月22日

予十 法の値段-2

(2012/03/17)
予十 法の値段-2

法を一条と弾く、弾き方という。筝を弾くことである。
法一、法ニと弾いていく、我が筝の弾法である。

筝の爪という、犬公方という。我輩の爪である。
この爪を弾くという。爪弾くという。犬の爪をいう。
我が爪を愛でるうちである。犬の爪の愛でである。

生類に書かれている、哀れむ話である。
爪を大切にする我輩である。

これが我が書き方である。
犬の文である。
犬が書いた書である。
玉条の話しという。

筝の条を、玉の条という、筝の愛でともなる。
「ワンコロリ」という玉弾きである。
犬公方のお聞きである。

我輩の昔という、江戸の御世を愛でる、その人である。
蚊の君である。若いその人である。立山君のことをいう。
かの君である。蚊の君と自分をいう人でもある。
我輩と同様である。

黒夏国である。黒夏を愛でる人という。
国の黒夏である。

これが、国でもある黒夏でもある。
国家ともいう。夏の国の、国の夏である。
家に来る国の夏である。
家国夏である。

我輩の家を国という、邦ともいう。
里ともいう。国里の我輩である。
黒夏の家を国里(くにさと)という我輩である。

法も備わっている我が国家である。

これを我が頭脳という、知能という。
我が頭脳を知ることを知能という。
知脳とも書く我輩である。

黒夏の解をいう。これが、国の意味である。
国脳という、国能ともいう。能国である。
脳国ともいう。

国の里という。我が里は国である。
お国という話しである。
これが、知方という。知る方である。

 これで、痴呆と書くのが、あの蚊の君である。
阿方という。書きをする、阿々の君である。
これを知った阿呆という。自分を阿呆という、
蚊という。阿呆蚊という、蚊の君の名という。

竹薮にいる蚊という。これを、阿々蚊という、阿呆
君(あほうぎみ)である。痴呆の知りという、かの君の
自分をいう愛でという。亜法訓である。
 
 痴呆を偉いというた、阿呆のかの若い人である。
痴呆といえば、地方とまちがう人である。
勝手という話しである。

 勝手な人という、勝つという詩を書いた人という。
あの詩である。勝つ勝つ勝つという、ことという。

これを、勝つ人である、話という。
我が勝つ地方という。勝手すぐりをする人である。

負つ、これを、かつと読む人である。
負つ負つ負つ、といううちという。
絶対に勝つ人となる。

これが、負けるといううちである。
負けて勝つ話という。

不肖我輩は、という話である。
金科玉条である。
不肖の金という。賞金という、
黒夏の不肖金である。

これを金貨という我輩である。
わが世という、わのが、である。
わがはい、という話しである。

はいいろの人という。
灰色である。
「はい、いろ」という返事である。

何色かいえば、灰色という返事をする人
である。かの君である。蚊に「はいいろ」というた
人という。蚊が遠慮なく来た人である。

これで、来た蚊を、蚊来という。からい人である。
夏来(なつく)という、阿呆変えをする人である。

蚊がなつく、という話しという。
なついてほしくない人ともいう。

むむむ。なむ。
これで、むむむの無情である。

六条は、無情という。
我が黒夏である。
無条という、六条である。
ない、我が黒夏である。
六条は無い、我が黒夏の法をいう。

ごたごた作らないのは、我が黒夏である。
自分の駆け方は、ごたごたである。
五多五多書きの法である。

我輩の駆け方である。ごたごた歩みという。
黒夏国の歩みである。これを匍匐(ほふく)と
いう我が告邦という。匍匐前進である。

ごたごた歩みを匍匐前進という、二の足歩みである。
これを、黒夏という。夏の来方(きかた)である。

夏が、ごたごたやって来た我が家である。
匍匐の夏ともいう。我が黒夏である。

我が黒夏は匍匐の歩みという。
匍匐黒夏という、ほと読みという。

ぶどうの夏である。これを地方という。
地方を里という。ぶどうという。

ぶどうをとった泥棒という。
掛け話という。泥棒掛けもあるうちという。
我輩の泥棒という。このはいを、灰と書く人
という。まともな話である。

この書をまともという、泥棒という。
うちは泥棒書きという人という。

とりは静まるか、という話である。
無情である。泥棒という。
泥棒を徹するうちである。

 
posted by 若軍 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54581780

この記事へのトラックバック