2012年03月03日

第1話 盛夏黒夏-1

(2012/03/03)
デジタル小説版 曲を聴きながら

第1話 盛夏黒夏

「黒き夏(そみたり)」
    2012/02/20詞
沸き上がる 夏の日の
雲白く   空に映え
緑葉の   木の蔭に
我がの世と 蝉は鳴く
土中より  眺めたる
人と世   歌いたる
声々の   尊き
面白顔に  慕い寄る
君の目に  蝉楽し
いいはむ口に 歯は白く       
むらさきの   ゆらりゆく

  黒衣着る  しんらつと
  かんざしが 白光り
  おはぐろに   口こみて
  はかやかな   この夏に
  地を見立てる   耳元と
  聞える   色白と
  襟足の   黒清み
  後ろ姿を  こいおもい
  八闇の   足の雪
  白きこいせ(福世)と  今闇と
  絵たる蚊の   おいのすく
            (おいがすき--八宵を八生と書く)

八宵(はっしょう)と 今は来る
蝉は鳴く  我がの世の
暗き世は  長々き
明るき世  短くも
この世狭く 歌いたる
我がの世  はかなくも
美しき   蝉の身
山行き羽音 燃え尽きぬ
君の世に  君に会う
雲々の影  蝉は飛ぶ(乗る)
山越えの  白き夏


八宵(はっしょう)と 今は来る
蝉は飛ぶ 我がの世に
暗き世と いとおとし
長き世と いとかるし
せび山いくる いくひとし
ひとはとり  ふみおびて
いかなみの 雲波矢
波こずやみと かいがゆれ
きそのみに 君を見る
波とぶ魚と きしをゆく
やま越えて 黒生夏(くろおなつ)


八宵(はっしょう)と   今は来る
蚊は見る  いりひぜり(おいらせとなる)

posted by 若軍 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54278252

この記事へのトラックバック