2012年02月18日

象2

象2
 その人は、数え10歳の記念に、
竹の電池を拵えたのである。
その人の作った、竹と木のモーターも
あった。当時、その人は、電活といった。
(2012/02/18)

光るきのこもあるという。
光る木もあり、光る雑草もある。
自分で電気を作り、光る。

そんな中の象の知恵、御祖先のお知恵と
感謝する。

月夜竹が、けらけら笑うはなしである。
月夜茸も、にっこり、微笑み、夜闇の
訪れを、迎え楽しむ。

象が、座り、笑いて、食をとる。
白卓の夜は、象が主人である。

その人の、心に、今も残る夢の
象である。その人も、今は、
大きくなり、小さな頃に見た、
象を思う。その象とともに、
歩む丘であり、その人の前には
母象が歩んでいる。自分は母を
守るという、その人である。
(2012/02/18)

家の前には、水車があり、くるくる
回って、発電している。裏には、
大きな網状の竹が、発電している。

また、ガスは、糞便より作ったガスを
使うという、そんな家である。
(2012/02/19)

posted by 若軍 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54035437

この記事へのトラックバック