2013年03月27日

第十色 財富む山11

お爺さんのおおきという。お爺さんのお伝えである。
みらっしょ。
かなしさぶる諸という。かなのと、ともいう。
かな書きである。

経済経世しょっくす。すぅゆすぅゆ。
すっぱ、という。すっぱ山よりおともゆ。
おとるふく、すゆらる、せせ、という。
せった山をや、という。
山の家(や)である。
光指す家をや、という。
子の家(このや)という。

子山山という。子山の歌ともいう。
この文である。

遠い世を経る世という。
経た山という。遠い世に行く山の
絵という。遠い遠いや、である。
遠々(えんえん)の書きという。
とおとお、ともいう。
遠い世という。遠い話である。

私という、遠い過去である。
えん書く花ともいう。
えんの山のお書きという。

故人のみらう書である。
かなひく里という。かな山すぅよぅ、ともいう。
かな山のしゃ、である。
これを、ぎっしゃ、という。御者と書く人である。
かな山たっとぶ人である。

かなひく書、これをたゆ、という。
たゆの絵という。書のことである。

そ。その書の山、かな山である。
そ書山(そしょざん)という。
そ書きのふの絵である。

ふつ山という。ふつ山の諸ともいう。
ふつた山ともいう。

今をめでる書でもある。
みらうの意味である。
みらふ、ともいう。

みらいをとるたよ、という。
たよすゆふく、という。
ふくする山という。
これを伝えという。

ふくする伝えである。
複伝すう、という。
複伝書きである。

(後略)
posted by 若軍 at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第十色 財富む山7

やすおの山という。
たぁうるふぶ、という。
たっつておを、ちょ、という。
ちょっす山という。ちょ山という。
ちょらるとめ、という。

とむらる山という。とっくすっと、という。
たうるけ、という。
たぁゆるさまふる、という。
たぁゆむうらゆ、そもよも、という。

そっくす、たっす、せって、ろるゆる、すす、という。
すぅゆる山のお書きという。

すたるをすむ山という。すくるすぅふくさわ書(しょ)という。
書の山をとるさくねという。これをさわ、という。

さくさわよ、という。さったさま山をめってよ山という。
めったるそくゆくそみや、という。
やるすぅの絵という。
やるやるすの家(や)という。

山をめでるひとという。
山をここ、という。

ここの人という。
ここ山というひわの家(や)という。
住む人である意という。

住む人をここという。
ここの家(や)という。
ここのよとう、という。
尊い歌という、この書きである。

おじいさんの歌という。
花の山のお歌という。
花お山という。花山ともいう。
花の山のお歌という。

お山様山すす、という。
すす山すぅよぅ、という。
すすたる山世の人という。

じたるさわ、という。
さわくしょっと、という。
さわれる山のお書きという。

花のお江戸のおこ山節という。
花山音頭という。

でっか山のお歌という。
でっか書の音という。

でっかねふら、という。
でっすやら、ふくる山という。
でっしょさまのお絵という。

でっとしょっく、ともいう。
でっか書きという。
でっか書という。これを
でったや、という。
でたやの山という。

でたでた山のお月という。
山々の歌という。

 
posted by 若軍 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第十色 財富む山6/6

さわよの浜という。さっと、という。
さとわ山のふ、という。
ふぶるす山という。

ふくるうつる、という。
これをゆるうせ、という。
たゆる山のう、という。

うれうるさまゆしょっかく、という。
にお山の絵という。

こらさむそ、という。
さむれむうらくはぶるさっつ、という。
はっくれれゆ、そみとるさつ、という。

さつよるせかよ、という。
せかする山という。
あったくれっく、すす山という。

さっつの山の絵という。
えわたすっくさぶるゆる、という。
ゆるゆるせえふく(せえふつ、ともむいう)書という。

しょるしょ、ぱっすく、すぅゆむ、さぶるさわ、という。
さるすぅふぅくぅのす、という。
すむすむ山という。
するする、ともいう。

するするさぁふる、すっくしょっく、すゆるぱむ、という。
さっかく山のお書きという。

さっかすとむるさるよさぶ、すくゆ、さったすせった書という。
さった山という。さつるふく、という。

ふくゆるさわ、という。
ふったる山のお書きという。

こその歌ともいう。
こた山をたふるゆる、という。

たっせるさまよ、という。
たする山をとるて、という。
とるす山という。

とるゆる歌という。
とさをいう。とさ山という。
とおるやるせ、はぱるすく、という。
はっくすれぇるぅ、という。
はくやるの山という。
はったる山ともいう。

やつる山の絵をいう。
やたやたむ、という。
やむやむの書である。
経済をとるひぶや、という。

ひぶる山のおややすっく、という。
おやすく山という。

第十色 財富む山  つづく

 
posted by 若軍 at 05:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第十色 財富む山5/6

しょっとすーゆーのよみ、という。
しょっとしょっと、という、歌の山という。
しょっくらゆっくぅ、ふくる山という。
ふつる絵という。

かや葺き世という。かやの絵という。
これをたゆる山という。
たゆれるかわる、という。

かわをとるふく、ともいう。
川の流るる山という。

るる流る山という。
るる流れをいう。
るっするすうゆう、という。
るかっしゃやるす山という。
るるらる山ともいう。

山々見るをとるという。
とるふる山という。

さかおくたゆるへっく、という。
おじいさんのお言葉という。

おじいさんを思う書という。
古い御世の話である。

篠山という。しの山の書のおじいさんの
ふるうさっくれ書という。
さっくすれえるう、という。
さって山々ふてるしょっく、という。
さってすうはくるすうゆるはぶ、という。
はぶれるさっく、という。

ささおくやるす、こゆるやっと、という。
やったすふうぶうの絵という。
おじいさんの御絵という。
おじいさんさんさん、やまやまやまふくるゆ書。
これである。

さまさま山の板書きである。
板に書かれた書である。

やらす笹をいう。しのざさともいう。
しのの山という。篠山の絵という。
さっつふくゆるえたるさっつ書、これなる。

花のゆ、という。花山書きという。
花す玉という。すうゆくれっさとめるはくゆささ、
という。はくれるさっつしょっぱな。しょしょゆさるさま。
えってやったしょっく、という。

しょっくすれえるう、という。
しょった山という。

せわたほめたまやるすず、という。
すかやまの絵という。

すったさまをいう。する浜のいう。
はまさま山という。浜山をいう。
花様山(はなさまやま)ともいう。

やるすぅうかるしょっく、という。
しょせるさまという。
さまおるふぶ、という。
ふっくるゆぅるぅそ、という。

そ山の歌という。そ山ふくという。
そたるやっくすまうとる、めゆるはぶ、という。
めえゆるすぅふるはぶゆ書という。

はぶれるすっく、という。すくらす山という。
花をゆうたま、という。
ゆうたまの絵という。花やとめよるさわ、という。
さわさわ書きという。

posted by 若軍 at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第十色 財富む山4/6

経済の書である。
(略)

 つわぶきの山という。さか山という。さかさ山という。
うちの前に逆さにつられていた山という。でかん山という。
でかんの山の絵という。花のお江戸のふ、という。
花をとる江戸という。でかんさ、という。
とも山ともいう。でかん所書きという。
でかん山の書である。

でたっしょ(しゃ)という。
たっしゃでしょ、という。
でっかんたっしょの歌という。
でかんしょ歌という。うた山の歌という。
でった山ともいう。

でっかん山の絵の歌である。
でっかんという、さっつる意である。

さっく山という。でっかんふっつ、という。
でかるれるでっす、ふっくるゆっく、という。
これが歌の原語である。

今をお去るたた山という歌である。
たったせっせ、という、出という。
出だしである。

せっか書という。でった山という。
でった山の歌という。花をやる、という。

やる山という。でったかっくやるす、ふくるやっぱく、
という。やすれる山という。やすお山の歌という。

花のおという。花のお江戸をとめという。
花をいうさく、という。
花山絵という。はなしょの歌という。

花のお江戸をしばすしょ、という。
しばらるすっくく、という。
しっくれるす、ふうるる、さわるしょっ、という。

posted by 若軍 at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第十色 財富む山3/6

 経済好のふく、という。経済山をとるせく、という。
山を見る話である。山をうった、という、うつる話である。

 経済さむ山という。とるやるふくゆくふむ、という。
ささおく書という。ささよ浜の絵という。ささおく山ともいう。
ささ山をめでるふく、という。おじいさんのお蔭という。

 おっくく山の丘という。丘をやわるすう、という。
やわふるうす、という。やったせえらる書きという。
せせ山の書という。せたをいう。せた山という。
ささる歌という。うたわるはる、という。

 うたゆゆさま、という。うたれるふるう、という。
えっさくよよのふく、ともいう。
これを、けい、という。

けさ山書という。けたるいわ、という。
いわをめずという。めず山書という。

 経済財をたからる山という。
たかおふふ、ともいう。たか山世という。
高い様という。さかやか書きという。

 さからる歌という。さか山の絵という。
さふるゆるへば、という。へばるえまお、という。
えま山書という。せか山の矢という。
やややすす、ふるゆ、せせとゆ、はまらむえ、
という。

 せつこ、るる、かま山という。
せった山のせをいう。
山の背の川という。

やまを背はば、という。
背はばぷるゆくせっくれれゆり、という。
せった様という。せっつるれーすー、という。
せた山の書という。せくる山という。

 おた山をいう。おさ山ともいう。
えかるすゆ、という。

posted by 若軍 at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第10色 財富む山2/6

 くさ山の絵という。草を玉という。草玉山という。
くされすふうくく、という。草やる山という。

 経済を済六の山という。済六山の絵という。
えた山をとるふくという。ふうらる山を得たという。
得たをすくという。経済の山という。気流をとます
お書きという。
 
 経世則という。世を経る(ふる)たま山という。
経をとった山という。経山書きという。
経山書ふく、ともいう。

 ふくたる山という。山々の絵という。
たくさんの山をめでる書という。
書書山すう(しょしょざんすう)という。

 経山をとる書という。玉山の歌という。
これをの、という。野山の絵という。

 経済を山にいう、山という。登って降りるを
たとう、という。たとう書の矢という。

 書矢たゆれふるうくく、という。
これを、くっさく山という。
経済の絵という。

 経書をとるくれ、という。呉の絵という。
くれ山という話という。はは山のお歌という。
おった山という。あつくおくをいう。
おく山の絵という。

 経をとる山を作るという。山の世という。
せったよよ、ともいう。せくるいわるせるすつる、
という。せせらすすよ、ともいう。

 
posted by 若軍 at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第十色 財富む山1/6

(2013/03/26)
第十色 財富む山

 財の山をすまという。
財を得たという。得財の歌という。
うたという花の絵という。

 あわ山の絵という。これを、のやま節という。
財を興す花の歌という。興財の歌という。

 歌を、けいという。このけいを、計という。
歌の計を、歌計という。後の家計という。

 これを家計の得という。家計というひを、
計る山という。経済の一部分という。歌の
山のお書きという。 

 経済をたかがる山という。経済の矢という。
矢を取るという。これを、しっかく、という、企画の
山という。しっかくという、しわら山という。

 経済をおこるふく、という。おこ山々という。
おこの歌という。おこやき、という。
あすくるくく、という。くるやるすうゆう、という。
くうたる山という。

posted by 若軍 at 04:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説