2013年03月25日

第3季第四色飛行4/4 

気流があるという。この気流があるところという。
この推理という、考えという、また、これに会うという。
この出会いの考え、計算という。
飛行機が、まず「もつ」をいう。気流に耐えて
気流に融合するをいう。次に、これを作る人という。
次にこれを操る人という。次に、この飛行機を我が物にする
ことという。この飛行機に乗ることをいう。
どのように、この飛行機を得るかという。この飛行機に、どういう
ように乗るか。飛行機を選定して、その飛行機に乗る。
この選定の、考えという。
どんな飛行機であるか。この飛行機はあるという、若い人である。

自分は、これに乗る経済である。経済は全て気流である、
話という。これが世の中より、言葉として出てくる。
この現象が、若い人の計算、考えがあっている結果という。

経済学に「経済離陸説」という説がある。
離陸という言葉が混ざる(出る)
、飛行機の用語である。これが、経済の気流であり、飛行機の
矢である。あろう、ことである。だから、飛行機はあるという。

そんな曲芸のような飛行機かという。大きな旅客機である。
この旅客機が垂直気流につっこむ飛行機である。

太平洋に、この気流がある。この気流に乗るという。
若い人という。この気流もあり、この飛行機もあり、
これが、経済を経たという、若い人のことをいう。

この人の経済である。「学戦」の章はこういうように書くという、
経済を説く若い人である。1ドル=105円を説いて笑われた人である。
自衛隊が海外へ出る、そのとき、1ドル=105円 である。笑われた
人である。 1ドル=360円の 計算が、これである。
 飛行機がある話である。

 
posted by 若軍 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第3季第四色飛行3/4

経済をとる、をいう。経済を我が手にとるという。
経済をみて、我が物という。わがのやまという。
経済のえという。経済のえん、ともいう。
経済をうる(得る)話ともなる。

気流をみるひという。これを、経済をうる、という。
経済が気流という。これを寸分狂わずとる人である。

気流につっこむひこるや、という。
飛行機のつっこみ、という。垂直気流につっこむ飛行機である。
この飛行機のせ、である。飛行機で気流につっこんでいく、
そのひの、全科学という、この計算の計である、経である。

これを「や」という、その人の頭脳という。計算の話という。
気流につっこむ飛行機に乗るをいう。この計算を、経という。

全てを経る(ふる)計算である、考えという。
自分の乗る飛行機が気流をとるという。
気流につっこむ飛行機をいう。この飛行機に乗ることをいう。

全て自分の考えである。アメリカの矢、という。
American Arrowアメリカン・アローである。

急速垂直気流という、大型の気流である。
これをとる計算がある、という。
経済である話という。

posted by 若軍 at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第3季第四色飛行2/4

山めすっく、ともいう。若い人の頭脳の家(や)という。
家をやという。いえや山々という。家という、いを山という。
いを取るふく、という。えったやるやる、すうくく、という。
さくれくやった、さっくす、という。

これを、けいよく(経翼)という。海をいく水という。
このいいのや、という。この「や」を取るわたという。

これを、海いく空という。空を海にみたてた、
綿山世(わたやまよ)という。綿の海をいう。
経済をつとうさまよ、という。つと山々という。

この海をとる、わたよという。とるを見るという。
見ることを、「取る」という。「世を取る」という、
「世を見る」ことである。
「わたをよる」という。「わたを見ること」を「よる」という。
わたみはまのお書きという。わが世さまやま、という。
さっくすやるやる、という。

せってそめよめ、という。さするくく、という。さまやまのえ、という。
これを、でたひと、という。

水の山を、海という。海ゆく空という。「や」を「ひこる」という。
今の飛行機である。飛行機をやという。
わたは、気流の流れという。気流につっこむ飛行機という。
この気流がある、おううみ(大海)という。大きな海に、気という、
流れがある。これを見る、という。若い人の顔という。

これをけいよという。けいよのお書きという。
大きなひこるを飛ばすという。飛行機を見るやや、という。
この日のややという。ややという、わかという。
若い人をやまという、ややともいう。

若いこうをとるひ、という。
若いこうをいう。ひこるという、飛行のふくという。

posted by 若軍 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第3季第5色飛行1/4

第5色 飛行
 
 その人は、島鯛を見る。
自分の宝であるという。いつも、ポケットに
入れて、時折取り出しては、喜んで見ている。
小さい5cm程の大きさである。

 その鯛がいう、「水は海の回り物である。」
これを、経世という。世を経た、済みの代(よ)で、
経世済代という。これを金という。

 金を水に合わして、世をめぐる水だい(水代)という。
これを経済という。この経済を、「ユメ」という。
「ユメのあこ」という。ゆのえ、という。

水が回っていく、世の海という。金が回る、海の代という。
これを経代済という。金を棲む山という。金の山の絵をいう。

水は海を回り進む、金という。金を物という。もののえ、という。
換金という、会計という。会計の家(や)という。これを会家という。
会計と、家を計る、海代という。海を航行という、こう山のえ、という。

会計をいう。会計という、す山という。計る会いを、あわした、数海という。
この数海を、とる山という。たみ山のえ、という。

数海を我が身にたとえた、海代という。海代ということという。
海代のえをとる色(しょく)という。これを、しとという。
しとうみ、という。しわ山のお書きという。

しせるかゆれ、という。しわるへくえく、という。
せっと山という。あわふるくぅゆく、という。
あっせたまゆる、あふへふたゆす、という。
これを、たく山という。山をめという話という。

 
posted by 若軍 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第3季第四色 経済4/4

「こえくふく」という、「おやくるふめ」という。
今の「山を見る」という言葉という。
花山語という。こしきの古い言葉という。
こしき語の中の古い言葉である。

「うっすくくぅふぅ」という、大和朝のことをいう。
大和朝の古い時代である。初めの頃である。
かかりという。初めのことをいう。

「うっすくくぅふぅ」という。山を「たお」という。
「たお」の音(おん)という。言葉をいう。
「たお」という言葉である。
「たお」、山を見る意ともいう。

「うわっふぅふぅ」という。「うわっすく」ともいう。
この「く」である。「うわすく」の山という。

うすあかる日の入り出という。
日が出たり入ったりする光景という。
光の絵をいう。この光景という。
これがあった日という。
日が出たり入ったりする日があった頃という。

「うわのや」という。「うわけ」という、山々という。
山がいたという。山があった頃となる。

「うわけの日」という。この日が、日が出たり
入ったりする光景が見られるときという。
これを「鴇」という、時である。

私の小さい頃という。「うわけの日」である。
日出良し(ひでよし)という、「うわけの日」の呼びである。

 
posted by 若軍 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第3季第四色 経済3/4

「私はこす」といえば、「私は来る」という。
「行く」という意味の「来る」である。
これも、「来る」の古い意味である。

「行く」という「来(く)」である。
「私は来(く)」という。「私は来る」という。
もう一つ古い「来る」である。
これを「こしき」という。「こすくる」である。

古式と書く用法である。「こしく」ともいう。
めいたる山の絵という。こしきの山という話という。

古語の古いいとである。古い意味をいう。
古い意味という。古語の出る前の期である。
大和朝の話となる。古語は平安朝でおかれ、
古語より古い言いという。「こしかわ」という、
花山という。花山の言葉という。

「はふるけす」という。毛の梳きという。
山を「け」という。こしき語である。古語より
古い言葉という。この言葉である。

私が時々用いる言葉である。
「おおたるふふ」「おおたるふぶ」という。
古語より古い言葉である。

末枯れ(うらがれ)という、古語という。
落ち葉のことである。「うらふ」という、こしき語
である。「うらふむ」という、足裏のことをいう。
転じて、「おや」という。「おやうら」という、
うら山という、親のことである。
こしき語である。古語を「こえ」という。
こしき語という。
posted by 若軍 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第3季第四色 経済2/4

ゆゆゆ、冬は来る。これを「こずれふ」という。
「こずれふゆ」という。子供の冬という。

子供の秋を、親という。灯火親しむ秋と、親がかかる
場という。子供の秋の、子秋を「こずれ」という。
「こずれふゆ」を越すという。秋残しという。
秋を残す冬という。秋を思わす冬の日という。
秋残り日という。古い日をいう。
記憶に残った遠い昔の日という。秋残りという花という。

花秋(はなあき)という。歌集の歌という。花秋の世を夜という。
これを世という、夜という。花秋の夜でもある、世という。

歌集という秋の日である。これを花呼びという。
歌を花という。花歌を「かか」という。歌集である。
花集という。花集う、歌集め、これを歌謡という。

歌を集める秋という。秋集花歌という。
秋の彩る花の世得たる日という。
秋日歌謡の冬おき、という。

若い人の置きである。これを沖という。
記憶のことを「おき」という。
「うみおき」という「やまおき」という。
「おきの歌」という、この文である。

「こずれふゆ」をいう。「こすふゆ」のことをいう。
冬の到来をいう。冬を「こす」という。
ふゆをこす、冬の来ることをいう。
後に、冬を越えるをいう、冬を越すという。
来ることを「こす」という話という。
古い意味である。

posted by 若軍 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

第3季 第四色 経済 1/4

第四色 経済

 物と人との織りなす綾という。秋を「のこ」という。
秋の子という。「秋の来し」という。秋が来た場の絵
という。これを「秋の越す」という。秋が越えて、
秋を負う冬の目という。冬目秋負の絵という。

 秋を「富む人」という。「富(とみ)」という。
経済のかかる富という。収穫ともいう。
秋を「富む季」という。「富み季の期」という。
これを「あく」という。古く「悪」と書く。悪期という。
「おき」という。これを「あき」という。「おあくの富」
という。「お富のあきゆき」という。その人の家という。

その人という。その人と替る人という。季のことを人という。
秋人という。秋の季のことをいう。秋季という。これを「場」
という。秋季が「場」で、秋人という、季である。これを「冬目」
という。冬目の至り来たりという。冬至のことをいう。
冬目という、古いその人の家の言葉という。

冬目という、畳の目という。畳の目を見る、秋人という。
畳の目のことを、秋人ともいう。冬将軍の騰貴という。
これを冬期と書く。冬のものを拵える、とうの冬という。
騰冬(とうとう)という。冬の物をいう。冬の物を「たいこ」という。
たいこでる、という。冬の物を出して冬の拵えをする。

これで「たいこでんか」という。わがひでよしの冬仕度という。
「たいこうでんかのうとり」という。うゆをふめという。

ふめうゆ、うゆふる、ふるゆ、ふゆ、ゆゆゆ、ふゆあき
という。この「あき」は、時を意味する。あきとき、という。
これを、「あきふゆ」という。「ふゆあき」ともいう。
冬のことをいう。

posted by 若軍 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説